いつからHIV検査ができるのか?

MENU

近年のHIV検査について

この記事では、近年のHIV検査について特集しましょう。エイズという感染症が認知されてから、20年程の月日が流れました。HIV(エイズ)の名前を知らない人はいないというくらい一般的になったのではないでしょうか。それでも、HIVの感染者は増加しているというニュースもみかけます。HIV感染拡大には、いろいろ原因や背景はあるのでしょうが、HIV感染予防や防止ということを改めて意識したほうがよさそうです。

 

そして、HIV検査も一般的になりました。HIV検査は、保健所でも行っていますし、性病専門のクリニックや一般の病院でも実施しているところがほとんどです。そして、ネット通販では、HIV検査キットが販売されています。このHIV検査キットというのは、検査キットを通販で購入、自分で血液を数滴ほど採取して、試験紙に染み込ませ、それを検査機関に輸送するだけで、検査結果が分かるという仕組みです。検査結果はインターネットのサイトや書面の郵送などの選択ができます。これは大変便利な方法で、若い人を中心に利用されているようです。いつからHIV検査が可能なのか、そういった情報も販売サイトに記載されています。

 

簡易検査キットの普及で、HIVの検査は身近なものになったといえます。これは、インターネットが普及しているという前提のもとでなりたっています。ネット通販でHIV検査キットが購入できて、検査結果もネットで確認できるというシステムです。近年のスマホの普及がさらに拍車をかけています。パソコンを持っていなかった層がインターネットの世界にアクセスできるようになったからです。

 

参考になるサイト いつからHIV検査ができる?